全量買取制度は個人住宅でも大丈夫?

自宅の屋根にソーラーパネルを取り付けている家庭では、発電した電力を自宅で使用し、余った電力を電力会社に売電する事ができます。売電による利益を得る事ができますからソーラーパネルを取り付けても補助金と売電利益で数年後には取り付け費用が相殺されるのですが、今回余剰電力ではなく発電した全量を買い取ってもらう全量買取制度が新設されました。買い取ってもらう電力が多くなればなるほど利益が大きくなるので、そのほうがお得ではと考える個人の方もいるようですが、調べた所、個人では全量買取制度を利用するのは難しいようです。それは対象となる発電パネルの出力が10kw以上と定められているからで、通常の個人住宅に設置される発電パネルが4~5kwであることから全量買取制度の対象外になってしまうからです。また敷地に余裕のある人が全量買取を目的に10kw以上の大型パネルを設置しても設置費用は補助金の対象外になるので注意が必要です。

電力の全量買取制度について

電気を自家発電できる施設や家庭は、地球環境に貢献できるので、とても素晴らしいと思います。電気をつくるものとして、一般的に思い描くのは太陽光発電です。さんさんと降りそそぐ太陽が、屋根などに取り付けられたソーラーパネルによって蓄電されるので、毎日の生活で最も実感がわきやすく、分かりやすい蓄電のシステムです。蓄積された電力を全て買い取って頂けるのが全量買取制度ですが、一般の家庭では屋根部分など、設置できるスペースが限られているため、総出力が規定に達しないので難しいようです。建物の屋根部分に大きなスペースの確保が可能な事業所などの場合には、総出力も大きくすることが可能だと思いますので、効率的に電力の需要と供給がまかなえます。使用電力を節約して、浮いた電力を売ることによって利益が得られると、環境にも懐具合にもやさしいので、いいことづくしですね。

全量買取制度とはどういう制度なのか

今はエコの活動を積極的に取り入れている方は沢山いらっしゃいます。小さなことから大きなことまでやれることは数々ありますが、その中でも最近多くの方が取り入れているのが太陽光発電システムです。国からの補助金もでて、尚且つ余った電力を売ることができる余剰電力買取制度というのがあります。この電力を余らせるという意識は節電の意欲を高め、それが同時にエコにも家計にも良い事というので、昔に比べ太陽光発電システムはかなり一般家庭でも普及してきました。また全量買取制度という制度もあり、太陽光発電で発電した電力をすべて売ることができます。主に一般家庭で使われる制度ではなく、大きな施設、工場や学校などが当てはまります。しかし太陽光パネルを多く取り入れることができる家庭はこの制度も利用できますが、補助金は免除されます。その事をよく覚えておきましょう。